政府の行政刷新会議は10月28日に開催した事業仕分けで、社会資本整備事業特別会計を「廃止」と判定した。同会計の空港勘定は、廃止したうえで歳出を合理化するなど抜本的に見直す。治水、道路整備、港湾、業務の各勘定は一般会計化する。そのほか、道路や港湾の予算要求は「10~20%圧縮」、スーパー堤防事業は「廃止」と判定した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら