東京都は、建設中の「永田橋」で、PC(プレストレスト・コンクリート)と鋼製トラスの複合構造のトラス下弦に鋼材を使う橋梁形式を、国内で初めて採用した。使用する鋼材は、通常よりも高強度の橋梁用高降伏点鋼板「SBHS(Steels for Bridge High Performance Structure)」だ。新日本製鉄は8月24日、永田橋で使うSBHSを約600t納入したと発表した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら