国土交通省は3月5日、総合評価落札方式の入札制度の改善策を発表した。技術提案の評価結果について具体的な内容を通知することが柱。技術評価の透明性を高め、民間企業の技術力による競争を促すことが狙いだ。2010年度から国交省の直轄工事を対象に始める。「入札契約制度については現在、見直しを検討しているところだが、できるものから実施することにした」(前原誠司国交相)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら