飼っていた牛が暴れて死傷したのは、工事で発生した騒音や振動が原因――。酪農業を営む男性が、騒音などの発生源となった工事の発注者である福島県と施工者のクレハ錦建設(当時は錦興業)に対して約1億4200万円の損害賠償を求めていた裁判で、福島地方裁判所いわき支部は2月17日、両者に合計約2840万円を支払うよう命じた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら