京王線笹塚-つつじケ丘間の連続立体交差化と複々線化は、高架と地下の併用へ――。踏切の撤去や混雑の緩和が課題となっている同線の改善策について、東京都、世田谷区、杉並区、京王電鉄の4者がこのほど、沿線住民向けに都市計画素案を提示した。11月11日から20日まで順次、説明会を開催している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら