太平洋セメントは、UHF(950MHz)帯のRFID(無線IC)タグを使ったコンクリート構造物の腐食環境検知システムを開発した。外部アンテナに接続したリーダーライターを使って、コンクリート内部に埋設したタグの情報を読み取ることにより、非接触で鉄筋の状態を検知できる。今年末までに、実際の構造物に採用して検証を始める予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら