供用中に耐震設計のミスが発覚した首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城・阿見高架橋で「かし修補工事」が終了した。全部で5基ある橋脚のうち、3基の橋脚に底版(フーチング)の増し厚を、2基の橋脚にフーチングの増し厚と増し杭をそれぞれ施して耐震補強した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら