大正時代に架設された水路橋の移設保存工事だ。レンガ造の歴史的建造物を移設した例はあるが、橋ではあまり前例がない。アーチ部分に当たる「輪石」の自重による相互摩擦抵抗力を鋼製支保工を利用して取り除き、レンガ部分をブロック状に切断して運搬する方法を採用した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら