国土交通省は10月7日、総合評価落札方式の入札について、発注者と受注者を対象とするアンケートを実施することを決めた。同日開かれた「公共工事における総合評価方式活用検討委員会」(委員長:小沢一雅東京大学大学院工学系研究科教授)でアンケート案を審議した。細かい内容を決め、10月中旬にはアンケート調査票を発送する予定だ。国交省が総合評価落札方式について受発注者の双方にアンケートを実施するのは初めて。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら