東日本高速道路新潟支社は9月7日、施工不良が相次いだ上信越自動車道の熊坂トンネル工事について、修補工事の施工結果や施工不良の再発防止策を検討する委員会(委員長:東京都立大学の今田徹名誉教授)の二回目の会合を開催。同委員会は、施工不良は施工者の技術不足やモラルの欠如などが大きな要因だが、東日本高速道路側の検査方法などにも問題があったと結論付けた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら