民間工事でも単品スライドの適用を求める動きが広がっている。国土交通省は同条項を発動した6月13日付けで、日本経済団体連合会や不動産団体連合会に対し、単品スライドの内容を通知して適用を促した。民間工事の大半を占める建築工事は鋼材比率が高いので、適用となれば影響が大きい。建築業協会は、鋼材価格が1.5倍になった場合の全体工事費の上昇率をRC造のマンションが3.4%以上、S造の事務所ビルが4.2%以上、S造の工場と倉庫が8.2%以上と試算する。ただ、補てん額は会社同士の個別交渉に基づくので、適用に際しての課題は多い。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら