国交省の単品スライド条項の発動は暫定的な措置で、資材価格の変動が落ち着けば打ち切る。しかし7月10日時点では鋼材価格の上昇力がまだ強く、打ち切り時期の見通しが立たない。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら