鋼材の急騰が、低価格入札をする建設会社の収益悪化に拍車をかけている。鋼材の価格は、受注してから調達するまでのこの半年の間に1t当たり1万円以上上がっていて、その差額が受注価格に上乗せされるケースはほとんどないからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら