我が国は温室効果ガスの排出量を、6%削減する施策を進めてきたが、京都議定書の第二約束期間(2013~2020年)には参加せずに取り組みを実施するとしている。このような状況の中で、建設環境の技術士として以下について答えよ。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。