主に専門知識が問われるII-1の4問のテーマは生物多様性、ヒートアイランド現象、循環型社会形成推進基本法、下層溶存酸素量でした。自然環境を対象とした設問が2問、生活環境が2問といった内訳です。生活環境の設問が1問しかなく、選択しづらかった13年度のII-1に比べて改善されたようです。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら