建設環境では、Aグループから1問とBグループから1問の合計2問を選択する形式が採られており、12年度も同様でした。問題の数も合計10問で変わっていません。一方、出題の分野や範囲は11年度までとやや異なっています。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。