閉じる

技術士第二次試験 建設部門 一般論文

日経アーキテクチュア

目次

  • 過去問題 2012年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)は、2012年度も2問から1問を選んで解答する形でした。難問や奇問はなく、一般論文で必要な論理的考察力と課題解決能力が問われる内容となっています。

  • 過去問題 2011年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)は、2011年度も2問から1問を選んで解答する形でした。専門論文の多くの科目では問題の前提条件がより具体的で詳細になってきましたが、2011年度の一般論文についてはそのような傾向は見られませんでした。

  • 想定問題と論文例

    近年の建設分野を取り巻く環境を踏まえて建設一般(一般論文)の問題を想定し、さらに想定問題に基づく解答例(論文例)を紹介します。自分なりの経験や考えなどを盛り込んで、よりレベルの高い論文に仕上げてみてください。

  • 過去問題 2010年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2009年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2008年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2007年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2006年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2005年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2004年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2003年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2002年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

  • 過去問題 2001年度

    必須科目である建設一般(以下、一般論文)では、2問題から1問題を選んで解答する形です。一般論文は建設部門共通の出題で、「技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力」が問われます。専門論文とは出題の意図や求められる能力が異なりますので注意してください。

日経 xTECH SPECIAL

土木

もっと見る