噴水のある広場をリノベーションし、地下に図書館を建設する。トップライトからの光が注ぐ地下1階は、議論を中心とした知的活性度の高い活動を誘発する場所とする。その下に深く、蔵書機能を配置する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら