2020年東京オリンピックのために整備する主要な施設を木でつくろう──。そんな展覧会が9月5日から東京・南青山のスパイラルガーデンで始まった。展覧会のタイトルは「Timberize TOKYO 2020~都市木造が、2020年の東京を未来へつなげる。」だ。会場には「これならできるかも」と思える木の競技施設や選手村施設の提案模型がずらりと並ぶ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら