建築基準法の改正案が5月29日、衆院本会議で可決、成立した。構造計算適合性判定(適判)制度や木造建築関連基準の見直し、旧38条の復活など、建築界に大きな影響を与える内容を盛り込んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら