2020年の東京五輪開催に向けて整備が進む臨海部で、地域の事業者が既存の建物の改修計画を進めている。設計者が提案したのは、木製スクリーンを使って建物の印象を変えるとともに、水辺に人を誘い出すプランだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら