法令に合致していることを確認できない「不適格擁壁」。家を建てる際には、つくり変えるか、補修するか、あるいは存在しないものとして建てるか、といった対応が必要になる。さらに、問題の擁壁が隣家の所有物だったりするので、話がややこしい。日経ホームビルダー2月号から開始した連載「不適格擁壁でトラブル」では、擁壁工事と不動産取引の専門家である宮澤豊久さんに、擁壁にまつわるトラブルを、技術、法令、近隣交渉などの面から解説してもらう。第1回は、不適格擁壁の見分け方を紹介する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!