近年、注目を集めるシェアハウスは、リビングや水まわりを共有するタイプが主流だが、市場の拡大に合わせて形態が広がってきた。マンションとシェアハウスの中間程度の交流を想定したタイプ、趣味を極めたり仕事に必要な技能を高めるたりすることを後押しするタイプなど、様々な指向性を持ったシェアハウスが増えつつある。従来型の安く住まう、交流を楽しむといったタイプとは趣を異にしている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら