サウスバンク。手前はノーマン・フォスター氏の設計によるロンドン市庁舎。過去20年ほど再開発により、この地区にはテート・モダンなど興味深い建築も多く、ロンドンのアートシーンをけん引するエリアとなっている(写真:Arup)
サウスバンク。手前はノーマン・フォスター氏の設計によるロンドン市庁舎。過去20年ほど再開発により、この地区にはテート・モダンなど興味深い建築も多く、ロンドンのアートシーンをけん引するエリアとなっている(写真:Arup)

「ザ・シャード」、レンゾ・ピアノの超高層