モダニズム建築の祖のひとりと言われるミースが、あの独特の柱とガラスだけで構成する建築をつくり始めた陰に、坂倉準三がいた。 はたまた、コルビュジエより先に打ち放しに取り組んだのは、レーモンドである。それはモダニズムを揺るぎない内なるものとして獲得した、日本の建築家たちの努力の現れであると藤森氏は分析する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら