埼玉県内の住宅地に建つ重層長屋のプロジェクト。2階建てと3階建ての複数の棟を1棟のように構成した。最大の特徴は、各住戸に個人専有の外部空間を設けたこと。「建物がつくり出す視線の交錯とか、個人の領域の重なり合いが人のつながりに発展していったらいい」。設計者である藤野高志氏は完成後に生まれる“物語”に期待を込める。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら