東日本大震災をきっかけに、160カ所を超す『構造スリット』の瑕疵が発覚した分譲マンションの対応をリポートするシリーズの第2弾。元施工ゼネコンと現場でひざを突き合わせて補修に携わった一級建築士の都甲栄充氏が報告する。今回は、代表的な部位別の瑕疵について、どう補修したか。さらに都甲氏は、なぜこれほど多く生じてしまったのかに言及。構造スリットの施工は極めて難しく、首都直下地震や南海トラフ地震など、巨大地震が発生すれば同様の被害が多数発生すると警告する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら