既存のコンクリート躯体を残して仕上げやカーテンウオールを撤去、スチールの折板を内外に用いた壁を挿入して展示空間をつくる――。公共施設の改修で、若手2人のパートナーはこうしたアイデアで公開プロポーザルに勝利。2013年2月の完成を目指してプロジェクトは進んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら