地震保険は、「全損」「半損」「一部損」という判定によって、受取額が100%、50%、5%と大きく変わる。このため、被災者の中には、損害保険会社の判定に不満を感じる人もいる。東日本大震災で被災したマンションの管理組合に対して、判定が変わるようコンサルティングする一級建築士がいる。AMT一級建築士事務所代表の都甲栄充氏だ。既に7件のマンションの判定を上方修正した。都甲氏が、地震保険に関わるようになったきっかけと、地震保険の判定をどのようにして上方修正しているかを報告する。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら