『3・11後の建築と社会デザイン』を出版した藤村龍至氏は、「東日本大震災を経て、建築家の意識が変わってきた」と言う。「プランありき」ではなく、まず社会のニーズをとらえ、街づくりの方向性を決めていく。従来の「建築」と「都市計画」をつなぐ「社会デザイン」を、建築家の新たな職域として考えている。(日経アーキテクチュア)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら