新築住宅に設置したエコキュート(ヒートポンプ式給湯器)の運転音を巡り、隣家の住人が2011年7月15日、メーカーと設置した住宅会社を相手取って、損害賠償を請求する訴訟を前橋地裁高崎支部に起こした。エコキュートのメーカーはサンデン(群馬県伊勢崎市)、住宅会社は大和ハウス工業(大阪市)だ。原告の代理人で弁護士の井坂和広さんは、「エコキュートの音の問題で提訴に至った国内初のケースではないか」と話す。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら