学生による卒業設計を全国から集め、公開審査する大会「せんだいデザインリーグ2010卒業設計日本一決定戦」で、東京理科大学の松下晃士氏の「ジオグラフィック・ノード」が日本一に選ばれた。大会は仙台建築都市学生会議など4者が3月7日、東北大学百周年記念館・川内荻ホールで開催した。今回が8回目で、113の大学や専門学校から761作品の応募があった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら