住宅が倒れて基礎だけが後に残る、基礎と壁がずれて大きく住宅が傾く──。これらは、地震被災地で頻繁に目にする建物倒壊のパターンだ。壁の足元を基礎に緊結していないことが、倒壊の原因の1つとして考えられる。阪神大震災の教訓を基に建築基準法は改正され、木造住宅には耐力壁の強さに応じて足元を固定する仕様が定められた。だが、無筋コンクリート基礎を使った古い住宅の耐震補強では、耐力壁は増やしても、足元を基礎に固定していないケースがまだ多く見られる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら