「空間デザインを考えるうえで、いま最も刺激を受けるのは、オラファー・エリアソン氏の作品だ」。若手建築家の中村拓志氏や寶神(ほうじん)尚史氏はこう口をそろえる。インテリアデザイナーの橋本夕紀夫氏もエリアソン氏に注目しているという。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら