2011年の開通を目指し、東京都江東区若洲と中央防波堤埋め立て地を結ぶ東京港臨海大橋(仮称)の海上工事が山場を迎えている。9月15日に実施した、長さが232m・幅が24m・高さが35mのトラス桁を架設する工事だ。鉄骨重量は約6000トンで、東京タワーの約1.5倍に及ぶ。国内最大級の3000トン超のフローティングクレーン3隻で吊り上げ、橋脚に架設した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら