巨大地震に遭遇したとき、この建物の内外や構造はどうなるか--。被災地で観測された地震波を再現する世界最大の実大振動実験施設「E-ディフェンス」は、そんな問いにストレートに答えてくれる。防災の日を機に、これまでE-ディフェンスで実施された数々の実験の映像を振り返りながら、地震時の安全性を改めて考える。E-ディフェンス主任研究員の梶原浩一氏が実験のポイントを解説する。第1回は、鉄筋コンクリート造の実験を振り返る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!