東京都は2月10日、建設後18年近くを経て老朽化が進む都庁舎の改修方針を示した。空調や給排水、電気、昇降機などの設備と、屋上防水や床・壁・天井の仕上げ材とを改修する考えだ。第1庁舎と第2庁舎は、2009年度から13年度の5年間で改修設計をまとめ、14年度から18年度にかけて工事する。議会棟については、09年度から11年度の間に設計を進め、16年度までに施工を終える予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら