改正法の影響で生じた確認の停滞や住宅着工戸数の減少などを解消するために新たに講ずべき対策を問うと、「再改正による抜本的な制度の見直し」を選択した人が68%、「改正法の運用の柔軟化」が29%だった。「新たな対策は必要ない」はわずか2%だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら