国際交流基金は11月9日、第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展の日本館コミッショナーを東北大学の五十嵐太郎准教授が務めることを明らかにした。会場となる日本館の内外に小規模の温室を複数配置。温室の内部と外部で温度や湿度を微妙に変えることで、周辺には自生しない植物を育てる。参加作家である建築家の石上純也氏、植物学者の大場秀章氏(東京大学名誉教授)とともに実現に向けて取り組む。開催時期は未定だが2008年9月~11月になりそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら