これまで4回にわたり、ドイツが環境建築を国策として推進する理由について解説してきた。今回からは実際の建築や技術についてリポートする。まず紹介するのは、プラスエネルギーを目指した小学校。ただしプラスエネルギーありきで設備を導入するのではなく、高断熱・高気密を優先した上で必要最小限の設備と創エネ設備を計画している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら