三陸地方の海岸部を走る鉄道は、震災から4年経っても南北が分断され、バス輸送やBRTでの運行に頼っている地域が多い。JR東日本管内では津波を受けた八戸線から常磐線までの区間約325kmで、23の駅が流出、軌道の流出・埋没は65カ所に上った。今回は三陸鉄道を中心に、今後の被災地の交通を考える。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら