解答と問題2

(再掲載)問題1 住宅購入を検討する際、必ず考えておくべきは?

 a 子どもの教育費 ―― 10点(32%)
 b 生活水準の向上による支出増 ―― 3点(20%)
 c 老後の資金 ―― 5点(21%)
 d 雇用の安定性 ―― 10点(28%)

 ※平均7.6点 カッコ内は回答者の選択割合

 安定的な返済が継続できるかどうかを第一優先にしてください。雇用に不安がある時には、ローンを組むこと自体が問題です。次に、子どもを持つ家庭では「教育費」。一般的に、大学進学費用は約600万円かかると見られ、個々の事情によっては500~3000万円と金額が必要となります。支払時期がローン返済と重なるため、慎重な検討が必要となります。「老後資金」を検討すべきですが、将来の収支の変化はなかなか想像が難しく、住宅購入後も定期的に考えるべきでしょう。


問題2 中古不動産の価格づけの方法として一般的な方法は次のうちどれ?

 a 収益還元法
 b 売買事例
 c 再調達原価法
 d 経験と勘