解答と問題3

(再掲載)問題2 大工さんに求められる資質とは? どんな人が向いている?

 a 先を読む力 ―― 6点(41%)
 b 粘着質・執着がある性格 ―― 10点(22%)
 c 几帳面さ ―― 5点(33%)
 d 器用さ ―― 3点(4%)

 ※平均6.4点 カッコ内は回答者の選択割合

 大工さんに求められるのは単調な作業にも完成に向けて「創意工夫を常に探求する」資質。施工に当たって納得できるまで議論し、一つの作業に粘着して研究熱心なタイプが向いています。実際、腕のいい大工さんは皆このタイプ。ビスの留め方、くぎの打ち方、材料の切り方、一つ一つを真面目に取り組んで成長できる人が早く腕のいい大工さんになります。また「先を読む力」も大切な要素の一つ。現在の仕事の完成系をイメージすることで、現在の作業がより確実なものになります。「几帳面さ」も大事です。細かな作業も流さずにきちんとできる姿勢が大事なのです。反対に、意外に思われるのが「手先の器用さは重要ではない」ということ。むしろ持って生まれた器用さは作業を疎かにしがちで成長の妨げになることもあります。


問題3 「一人前の大工」と呼ばれるには、次のどの作業ができなければダメ?

 a 刻み(木材を加工すること)
 b 建て方(家の骨組みを建てること)
 c 造作(部材を組み立て取り付けること)
 d 他の選択肢すべて