香山壽夫氏の建築家としてのエポックとなったのは、1994年に竣工した「彩の国さいたま芸術劇場」。日本建築学会賞、村野藤吾賞、後にBCS賞をも受賞したこの劇場は、香山氏の建築史、美術史への造詣と、その技術を象徴するかのようだ。それ以降の意識の変化について話を聞く。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら