構造工学協会が「The Structural Awards 2014」の受賞候補リストを公開した。イスタンブールのアップルストアや深圳の證券取引所などが候補となっている。

受賞候補になった最新店舗は、「Glass Lantern」(ガラスランタン)と呼ばれるミニマリストな構造で、白い天井を持つ巨大なガラス製の立方体の周囲を、無限に流れ続けるように見える水が取り囲み、地下にある売り場に光を届けている。

 構造工学協会は8月1日(現地時間)、「The Structural Awards 2014」の受賞候補リストを公開した。受賞者は、11月14日に開催されるイヴェントで発表される予定だ。

 候補リストには、イスタンブールに新しくできたアップルストアが入っている。アップルストアが受賞候補のリストに入っている点には、われわれはまったく驚かない。ロンドンのリージェント・ストリートコヴェント・ガーデンにある大型の2店舗はどちらも、テナントとして入った年代物のビル内にゴージャスで広々とした空間をつくり出している。ニューヨーク5番街の店舗は、有名なガラスキューブのエントランスが明るい店内へと顧客を誘導し、スタイリッシュな構造物としては最上級の手本と評されることも多い。