ソーラーパネルの設置工事作業員向けの「Google Glass」アプリが開発されている。データベースを参照したり、本部に動画を送ったり通話したりできるものだ。

Sullivan Solar Power社のマイケル・チャガラ氏。

 マイケル・チャガラは、南カリフォルニアの一般家庭と企業の屋根にソーラーパネルを設置するSullivan Solar Power社のIT責任者だ。同社では、現場作業を行う技術者たちの頭部に「Google Glass」を取り付けようとしている。

 すべての建物はそれぞれ異なるため、現場の技術者たちには、作業の詳細を記したさまざまな仕様や計画が手元に必要だ。以前は三穴バインダーを屋根の上に持って行っていたが、バインダーは扱いづらい。特に風でページがめくれると大変だ。ノートパソコンを持って上がることもあるが、まぶしい日光で画面が見えない等、別の問題が伴う。

 そのためチャガラ氏とSullivan Solar社はGoogle Glassを採用した。「屋根工事をするときは、安全性が何よりも大事だ。両手があくということは重要なのだ」と、同氏は説明する。

 チャガラ氏らは、顧客の記録、特定の現場に関する情報、部品や機器の在庫などを保存したデータベースを利用できるGoogle Glassのカスタムアプリを開発した。現場の作業員は、例えばGlassから通話を行って本部に問い合わせたり、屋根の設置作業をライヴ映像で送信してフィードバックを得たりといったこともできる。

 ほとんどの場合、操作は手を使わずに行えるが、書類を移動する場合には眼鏡の横を軽く叩く必要がある。

 Workday社やFiberlink社などの技術企業は、ビジネスマン向けのGoogle Glassアプリを開発している(日本語版記事)。そして今回、Sullivan Solar社が肉体労働職の世界にGoogle Glassを取り込んだのだ。

 チャガラ氏はGoogle Glassについて、新入社員のトレーニングにも使えると考えている。動きを記録しておいて、そのレヴューを行うのだ。

 「実は、わたしの最初のGoogle Glassは(オークションサイトの)『eBay』で手に入れた。アプリ開発を開始したときは、まだ装置を入手していなかったのだ」とチャガラ氏は語る。同社は現在でもGoogle Glassをひとつしか所有しておらず、これを現場グループと開発チームで共有せざるを得ない状態だが、グーグルが流通を拡大する来年にはその数を増やしたいとチャガラ氏は考えている。

TEXT BY KLINT FINLEY
PHOTO BY SULLIVAN SOLAR
TRANSLATION BY MIHO AMANO/GALILEO

(掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。)