設計者の内藤廣氏が、足しげく京都に通ったのは、工事も終盤の作庭のころだったという。「庭は図面に描き切れないからね」との理由も口にするが、この建築のカギを握るのが庭であることを強く意識していた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら