色味はスギ板やタイルで確認

 今回、光の広がり方や色味を比較するために独自の実験装置を作成した。LED電球の光の色味や広がり方を比較した。サイズなどの詳細データは下図の通り。

 カメラは正面位置で固定し、シャッタースピードは2.5秒、絞り値はF16で、すべて同じ方法で撮影した。照度は、口金のソケットから570mm離れた位置で測定した。また、。黒のスチレンボードを直角に交差するように立て、スギの突き板と、6色の100mm角のタイルを照射面に置いて、色の見え方も比較した。

LED電球の比較検証に使用した実験装置の概要(イラスト:笹沼真人)

 比較するために使用したLED電球の選択基準は次の通り。60Wの白熱電球と同等の明るさであること、色は電球色、口金はE26タイプ、調光器には対応していないタイプ、家電量販店やホームセンターなどで購入できて実験日の10月末までに発売されたもの──などを製品選択の条件とした。製品の一覧と、検証結果を下記の表にまとめた。

検証に使用した電球と実験結果(資料:日経ホームビルダー)
出典:2009年12月 51 とことん実証! 建材・設備
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。