発展中の街でも、時代の流れとともに斜陽化をたどる傾向は避けられない現実かもしれない。EU(ヨーロッパ連合)の首都であるブルュッセルは、その本部周辺こそ、ビル建設や改修、レストランのオープンなどでにぎわっているが、そこから2kmほども離れていない、かつてのブランド街は寂れた状態だ。今回は、そうした斜陽化対策に立ち上がり、活性化へ取り組んだ、街おこしの一例を紹介しよう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら