リサイクルや再生をうたう美的なフレーズが生活一般に定着し始めて久しい。建築やデザインの部門でも多種多彩に表現され、その発想や実践がメディアで報道されることもしばしばだ。しかし、その大半は建築空間のほんの一部、壁面や床材といった局部的な使用例にとどまるのが現実である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら